対応方法が違う!思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビの違いは?

まず思春期ニキビとは、10代にできるニキビのことで、過剰な皮脂分泌が主な原因です。思春期には体の成長に必要な成長ホルモンが分泌されますが、このホルモンの刺激によって皮脂がたくさん分泌され、毛穴が詰まってニキビができてしまうというメカニズムです。そのため、皮脂分泌の特に多いおでこや鼻にできやすいのが特徴になります。
一方、大人ニキビは文字通り思春期を過ぎた大人にできるニキビのことで、思春期ニキビよりも原因の特定が難しいです。可能性のある原因としては乾燥や睡眠不足、ストレス、使っている化粧品や食生活などが挙げられます。できる場所でも思春期ニキビと見分けることができ、大人ニキビは顎やフェイスライン、首筋などにできやすいと言われています。

それぞれのニキビの対処方法は?

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですので、何よりもきちんと洗顔をすることが大切です。ただし、ニキビが気になるからといって1日に何回も洗顔するのは逆効果です。洗いすぎは肌のバリアを壊してしまい、余計に皮脂が出てきてしまいます。洗顔は1日2回にとどめ、ゴシゴシ擦らずにたくさんの泡で優しく洗うようにしましょう。そして洗顔後はしっかりと保湿することで過剰な皮脂の分泌を防げます。
一方、大人ニキビは原因が多岐にわたるため対処も難しいですが、乾燥が原因のケースが比較的多いようです。そのため、化粧水や乳液などで入念に保湿を行いましょう。また、食生活や睡眠などの生活習慣を整えることで肌のターンオーバーが行われ、ニキビの対策になりますので、生活を見直してみるのも良いでしょう。